本当はスマホ用サイトは、別ページを設けた方が良い!?その理由とは?

流行りのレスポンシブウェブデザインとは何

日本で一番利用されている検索エンジンを提供している企業が最も推奨しているスマホ用のサイトは、レスポンスウェブデザインで作成する事ですよ。レスポンスウェブデザインとは、PC用のページもスマホ用ページも同じページを見せる事になり、CSSを利用して端末事に最適化させる方法です。PCからもスマホからも同じコンテツを見せる事になりますが、スマホ用の端末などは画像などを最適化させる事で、デザインを崩れない見せ方を行う事が可能です。推奨をしている理由とは、検索エンジンからの検索結果と言うのは、PC用サイトを分析した内容であり、スマホからの検索も出来るだけ同じ内容のコンテツが望ましいと考えられるためですよ。

レスポンスウェブデザインには制限がかかる

レスポンスウェブデザインを考える場合は、PC用とスマホ用が共通して違和感の無い様なデザインで作成しなければなりませんよね。スマホ用では、FLASHが扱えないため、レスポンスウェブデザインで作成する場合は、PC用のFLASHは扱えなく動きのあるコンテツを作るにはFLASHよりも表現力が低下するCSSなどで表現するしかありません。スマホ用と言うのは、端末が小さいため、大きめの画像ボタンを利用する事もありますが、PCから見ると不自然な内容になってしまう可能性がありますよね。最大のデメリットは、制限がかかるためオリジナルティの出せる幅が狭くなり、他のサイトと同じ様なデザインになってしまうリスクがありますよ。

あくまでも推奨、別ページを設ける効果とは

同じページを見せるレスポンスウェブデザインは、あくまでも推奨であり、検索結果における上位表示に影響を与えないと言われていますよ。ただし、スマホ用のために何かしら最適化させる事は上位表示に影響を与えると言われています。レスポンスウェブデザイン以外の方法の一つに、PC用以外の端末事に別ページを設け振り分ける方法があり、この方法を利用すれば、PC用のページに合ったコンテンツ作りとスマホ用に合ったコンテンツ作りが可能になりますよね。PC用だと3カラムで作成する事によって見易いホームページ作成が可能となり、スマホ用では見易いワンカラムで作成する事が出来ると言えるでしょう。もちろんPC用だとFLASHが扱えるため、CSSでは表現できない内容なども表現する事が可能になりますよ。スマホ用のボタンや、ホームページのデザインも無料として配布されている事もあり、この様な素材も気にせずに利用できるメリットもあります。

スマホサイトは、ライフスタイルが多様化する若者にとって、日常生活に便利なツールとして高い支持を得ています。