スマートフォンWebサイトの製作にあたって気をつけるべきこと3点

直感的に操作できるようにする

スマートフォンの大きな特徴の一つとして、その直感的な操作が挙げられると思います。例えばタップの他にもダブルタップ、スワイプ、拡大・縮小などの多種多様な操作を一瞬で行うことができます。だからこそ、スマートフォンWebサイトを制作するにあたっては、これらスマートフォンの特性を十分に生かしたホームページを作ることが重要となります。そうすることで、よりユーザー側の視点から見た良いホームページが出来上がるのです。

画面の大きさを調整しておく

これは基本的なことですが、だからこそ見落とされがちな点でもあります。機能性としてはほぼパソコンと変わらなくなってきているスマートフォンですが、その大きさはやはり携帯電話サイズであるため、一気にあまりにも多くの情報を表示しようとすると、ごちゃごちゃして余計に何を見せたいのか分からないWebサイトとなってしまいます。また、パソコンの画面は横長なのに対して、スマートフォンの画面端縦長であるという形状も意識してサイトを製作すると、さらに見やすいものになるでしょう。

文字の大きさを調整しておく

画面の大きさを調整したとき、ただ単純にパソコンの画面をスクロール式にしてしまうと、文字が異様に大きくなったり、その影響で必要もないのに改行されてしまったりする可能性があります。これではどうしても読みづらさが引き立ってしまいます。これはあくまでもパソコンのサイトをスマートフォン画面に無理やり詰め込もうとした結果です。やはりスマートフォンWebサイトなら、パソコンのサイトとは全く異なった表示方法を用いるのが良いでしょう。

スマートフォンサイト制作をすることで、スマホを利用してサイトにアクセス際に見やすくなります。そのため、アクセス数の増加が見込めます。