サイズを揃えて一気に作ろう!手軽にLINEスタンプ

LINEスタンプはサイズが決まっています

LINEスタンプには細かい決まりがありますが、作る段階でとりあえず大切になるのがサイズです。スタンプの大きさは決まっているので、まずグラフィックソフトなどでその大きさのキャンバスを作り、作成していきましょう。サイズは370×320以内と決まっています。しかし、スマートフォンなどでは半分に縮小されるので185×160になります。偶数のサイズで作らないと、縮小されたときにきれいに表示されないのでその点だけ注意すると良いでしょう。

余白のサイズも見せ方で重要です

また、スタンプをサイズ通りめいいっぱいに作ってしまうと、表示されたときに窮屈な印象になってしまいます。最大サイズから縦横20ピクセルずつ余白をとって作成すると、表示されたときにちょうど良く見えます。これはなかなか想像しづらいので、LINEで使った時のシミュレーションができるツールなどを使い、余白の具合を確かめてみるのがおすすめです。あまり余白を大きく取りすぎるとスタンプのサイズが小さくなってしまうので気をつけたいところです。

スタンプの程よいサイズとは

最大サイズを超えなければよい、とは言っても、スタンプのサイズは重要です。40個全部が全部大きいと使い勝手が悪いですし、かといって小さすぎてもよく見えません。とくにスマートフォンなどで見る時は、ほどほどに大きくなければつぶれてしまいます。わざと狙って小さいサイズを作るクリエイターもいますが、あまり視認性が悪いとリジェクトの対象にもなりかねないので注意しましょう。あまり奇をてらわず、見やすく使いやすいものを作るのが無難です。

LINEスタンプとは喜怒哀楽をはじめ、自分の感情や言いたいことをイラストとして伝えるものです。種類は多く増えており、最初はイラストだけのものが動き出したり、音声を発したりするものまで現れています。